にきびを理解してにきびのないきれいな素肌を取り戻しましょう

にきびを防ぐにはビタミンCが重要です

にきびって思春期だけではなく、大人になっても嫌なものです。

にきびが出るのは、脂腺が集中している顔、胸、背中などがほとんです。
大人になって体の不調から出るにきびはフェイスラインやあご、首などにできやすくなります。

にきびは3段階に分けられますが、そのうち中期の赤にきびというのが一般的に言われるにきびで皮膚が赤く腫れた状態を言います。

にきびの原因には、睡眠不足や便秘、栄養の偏った食事なども含まれます。
にきびを予防するためにも洗顔は大切です。ぬるま湯だけでも7割程度の汚れは落ちますが、その後に洗顔料でこすり過ぎないように洗います。

そして、日常の食生活でも脂肪分の多い食べ物は控えるようにします。

にきびの跡が残ってしまったら美容外科などに相談をしてみてください。美容外科でおこなわれている治療のひとつにレーザー治療があります。レーザー治療は、クレーターと呼ばれるにきび跡に効果があります。

ケミカルピーリングは、化学物質によってお肌の角質層を削り取る治療の方法で、にきび跡(クレーター)を目立たなくする効果があるものです。

ビタミンC誘導体による治療は、ビタミンCの美白効果でメラニン色素を分解するので色素沈着によるにきび跡の改善に効果があると言われます。基本的なことですが、野菜やサプリメントで足りなりビタミンを補充するように心がけましょう。ビタミンCが多く含まれている野菜は 1 赤ピーマン 170mg ・2 めきゃべつ 160mg ・3 黄ピーマン 150mg 等です。






posted by にきび at 05:49 | Comment(5) | TrackBack(2) | にきびの話

背中にきびは男性に多い

思春期のころのにきび跡が気になる方はいませんか?

にきびは顔だけではなく、頭皮や首、背中などにも出るので性質が悪いものです。
特に背中にできるにきびは大人の男性が多いようです。

にきびの3段階のうち、黄にきびと呼ばれるのは膿を持って黄色く腫れてしまった最終段階です。
にきびの原因として、思春期はホルモンバランスのくずれによるものが多く、大人のにきびはストレスや睡眠不足、便秘など様々な原因によります。

にきびの予防の方法としては、まず洗顔が基本。最低でも朝晩2回、こすらないように洗いましょう。
それから、食事も間食をあまり摂らないようにして、ファーストフードなどの油分の多い食べ物も避けるようにします。
もし、にきびの跡が残ったら美容外科などで治療をするのが良いでしょう。

レーザー治療では、肌内部からのコラーゲン生成を活性化し、肌の再生を促進させることで、傷やヘコミを緩和させます。

ケミカルピーリングは、薬品でお肌の角質層を削る方法で、最近は家庭用にケミカルピーリング用の石鹸なども売られています。

ビタミンC誘導体を使う治療法は、美白成分として効果的といわれるビタミンCを安定化させ、肌に吸収させやすくしています。

にきびが出来てしまったら、油分の多いクリームはできるだけ少量の使用にしましょう。

タグ:背中ニキビ
posted by にきび at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきびの話

にきびの治療、レーザー治療

若いころはもちろん、大人になってもにきびの悩みはありますね。
にきびは毛穴があるところに出来ます。特に顔、胸、背中は皮脂を分泌する脂腺が集中しているのでにきびが出来やすいのです。

背中にきびは内向的な性格の人に出来やすいとも言われています。
にきびはその状態によって、黒にきび、赤にきび、黄にきびの3段階に分けられます。

ホルモンバランスが安定しない10代は特に皮脂が過剰に分泌されるので、毛穴がつまることがにきびの原因になります。
にきびができないようにするためにも、お化粧をしたままや汗をかいたままで寝ないようにしましょう。
そして、食事は洋食よりも脂肪分の少ない和食がお勧めです。

にきび跡は、レーザー治療などで治すこともできます。
レーザー治療では、肌内部からのコラーゲン生成を活性化し、肌の再生を促進させることで、傷やヘコミを緩和させます。

ケミカルピーリングは、化学物質によってお肌の角質層を削り取る治療の方法で、にきび跡(クレーター)を目立たなくする効果があるものです。

ビタミンC誘導体による治療は、ビタミンCの美白効果でメラニン色素を分解するので色素沈着によるにきび跡の改善に効果があると言われます。

にきびが出来ないようにするための基本として、足りないビタミンは野菜やサプリメントで補充するようにしましょう。





毛穴通信パート6/
posted by にきび at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきびの話

にきびは洗顔料でこすり過ぎないように

大人になってからも、にきびの悩みはなくならないものです。
思春期のにきびは主におでこや鼻のまわりに出やすい傾向があります。
背中にきびは内向的な性格の人に出来やすいとも言われています。

にきびは毛穴がつまった程度のものから、少し炎症を起こして赤くなった状態、化膿してしまった状態まで3段階に分けられます。

思春期のにきびは、ホルモンバランスにより、皮脂が過剰に分泌されることですが、大人のにきびは間違ったスキンケアや偏食、運動不足などが原因になります。

にきびを予防するためにも洗顔は大切です。ぬるま湯だけでも7割程度の汚れは落ちますが、その後に洗顔料でこすり過ぎないように洗います。
にきびで傷ついた肌を修復するためにも、12時には就寝できるように心がけましょう。

レーザー治療など美容外科ではにきび跡を治すための治療を行なっています。
レーザー治療はクレーターと呼ばれるにきび跡に効果がありますが、専門医にしっかりとカウンセリングを受けるようにしてください。
ケミカルピーリングを行なうときは、お肌に合った濃度の薬品を使わないと皮膚炎を起こすことがありますので、肌が弱い人は注意が必要です。

ビタミンC誘導体はコラーゲンを生成する働きがありますので、凹凸になってしまったにきび跡(クレーター)にも効果があると見られています。
にきびが出来てしまったら、油分の多いクリームはできるだけ少量の使用にしましょう。
タグ:にきび
posted by にきび at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきびの話

にきびの種類

にきびの種類と、にきびの原因や治療法は異なります。

一般期には、黒にきび→白にきび→赤にきび の順で症状が重いと考えられ、
治療の難易度も高くなるといえます。

まず
☆黒にきびとは、毛穴にたまった皮脂が毛穴を押し広げ、角質層のアカやほこりを
よせつけて、開いた毛穴に付着し黒い点となって見えるにきびのことを言います。
炎症を起こしているわけではないので、比較的治すことが可能なにきびと言えます。ただし、化粧などで隠してそのままに放置しておくと、そのことが原因で悪化してしまうおそれもあります。

posted by にきび at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | にきびの話

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。